看護師の仕事を通して地域のお年寄りの方との触れ合いを大切にしたいですね。

看護師の専門分野、地域看護について

医療業界の今後の見通しとして、話題に上がるのが地方の医療に関してです。看護業界も医療業界の一端としてその影響は広まりつつあります。日本では高齢化が進んでおり、お年寄りの患者さんは今後より増えていく可能性が高いです。

対して、若い人は都心に出ていく傾向が強く、地方で働く若者が不足してきています。看護師も 地方では特に人手不足に悩まされており、高待遇で迎え入れられる事もありますが、また十分とは言えません。

こういった状況で注目されているのが、在宅医療です。病院を退院した患者さんがそのまま治療を自宅で続けるというケースが近年増えています。病院まで通えないという患者さんもいますし、病院側でのベッド数の問題という場合もあります。

看護師も、訪問看護という形で在宅医療に関わる仕事があります。看護師の専門分野に特化して知識・経験を積んだ看護師が持てる資格として、専門看護師の資格がありますが、この分野の一つにも、地域看護という形で、地域での訪問看護のスペシャリストは優遇される体制ができつつあり、それだけ必要性が高まっている事が分かります。

在宅医療では病院だけでなく、地域の地方自治体や行政などとも協力しながら仕事を進めていく事になるので、より幅広い活動ができると言えます。患者さんとのコミュニケーションも、それぞれの自宅を回っていくため、密に取っていく事が大切になります。

より個人それぞれに合った予防や治療、健康の指導を行ったり、生活での健康に関する様々なケアを行ったりします。地方では準備が徐々に進められていて、高齢化社会への対応を迫られています。今はその過渡期とも言えるでしょう。

今の時期から在宅医療に携わっておくのは、次の来るべき時代に向けていち早く経験を積んでおけるという意味でもメリットがあります。もちろん看護師としての下地があってこそなので、看護師の次のステップとして視野に入れておくと良いと思います。