どんな医療機関が高収入を望めるのでしょうか?

医療機関別看護師給与

看護師さんの給与を考えると同じ看護職でも働く環境の違いで収入は大きく異なります。それと同時に看護師が活躍する場は非常に幅広く、実に様々な場所で看護師という資格を活かす事が出来ます。

看護師給与自体全国平均で月収30万円なので、女性の収入で考えるとどこを選んでも高収入が期待できるのでは?と思えるところですが、実際は、同じ看護職でも環境により月収20万円程度の事もありますし、月収38万円近い事もあるので転職を検討される場合はこの辺も含めよく比較し検討すべきかと思います。

例えば、看護師さんが個人病院で働く場合は、平均月収がおおよそ29万円です。もちろんこれも地域によって違いますし、各病院によっても条件は違いますから絶対ではありませんが平均にそのぐらいが個人病院の月収です。しかし、これが大学病院などを選ぶ事により、仕事における労力はかなり高まりますが、月収が平均34万円ほどになります。

月収だけで最低でも5万円は違いますので、これが手当や年収総額になると数十万円違っても当たり前の話です。 更にいえば、県立病院等を転職先に選ぶと月収はおおよそ38万円ほどになるので、個人病院へ転職するよりも月収はおよそ10万円近く違う事になりますから、年収に対する差額は相当です。

このように看護師さんの働く場所によって、収入は大きく異なりますから、看護師さんが転職を考えた時は当然この収入の差をよく把握し検討していかなくてはいけないのです。ただ、看護師といえども結婚をして子供もいる看護師さんと看護師一筋で働かれている方では、転職に対する希望内容が異なりますので、収入だけで転職先を考える事もありません。

むしろ、お子さんのいる看護師さんの場合は、仕事の傍ら主婦としてのライフスタイルもありますので、収入よりも勤務体系を重視し転職先は選ばなくてはいけませんが、収入重視で転職を検討する場合は、ご紹介するように公立病院である県立病院もしくは私立病院等が、高収入を期待できます。 ただし「収入が非常に期待できる=労力が多い」という事はある程度認識する事も大切です。