イメージ画像

タロットカードにはどんな意味があるの?

皆さん、タロット占いを試したことはありますか?

タロット占いは何枚ものカードを使う占いです。
今回はそのカードについて詳しく解説したいと思います。

タロットカードの基礎知識

タロット占いで使うカードのことをタロットと言います。


タロットは一般的に78枚で1組とされています。

そのうち、1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、寓意画が描かれている22枚の大アルカナが内訳となります。


聞き慣れない言葉がいくつかあるので解説します。

スートと言うのはタロットの小アルカナに描かれているマークのことです。トランプでいうと、ハート、クラブ、スペード、ダイヤを指します。


アルカナとはラテン語から派生しています。

元は「机の引き出し」という意味で、それが「隠されたもの」へ、そして「秘密」「神秘」といった意味へと変わりました。

日本では小アルカナは大アルカナと比べ、比較的認知度が低いといえます。そのため、一般的にタロットという語は大アルカナを指すことが多いです。

大アルカナってどんなカード?

それでは、カードの種類の説明へ移りましょう。

まずは大アルカナからです。大アルカナは22枚あり、全てのカードに違う寓意画と数字が描かれています。

  • 0 愚者
  • Ⅰ 魔術師
  • Ⅱ 女教皇
  • Ⅲ 女帝
  • Ⅳ 皇帝
  • Ⅴ 教皇
  • Ⅵ 恋人
  • Ⅶ 戦車
  • Ⅷ 正義
  • Ⅸ 隠者
  • Ⅹ 運命の輪
  • Ⅺ 力
  • Ⅻ 吊るされた男
  • ⅩⅢ 死神
  • ⅩⅣ 節制
  • ⅩⅤ 悪魔
  • ⅩⅥ 塔
  • ⅩⅦ 星
  • ⅩⅧ 月
  • ⅩⅨ 太陽
  • ⅩⅩ 審判
  • ⅩⅩⅠ 世界
  • 小アルカナってどんなカード?

    次に小アルカナです。小アルカナは大きく次の4種類に分けられます。


  • ワンド:バトンとも呼ばれます。泥棒を意味し、トランプのクラブに相当します。

  • ソード:剣を意味します。トランプのスペードに相当します。

  • カップ:杯もしくは聖杯を意味します。トランプのハートに相当します。

  • コイン:ペンタクル、またはディスクとも呼ばれます。トランプのダイヤに相当します。

  • 各スートは1から10の数字、ペイジ、ナイト、クイーン、キングで構成されています。

    小アルカナはカードゲーム以外ではあまり使われておらず、日本での認知度が低いのはそのためと思われます。


    大アルカナに描かれた寓意画は非常に神秘的なものが多く、一つ一つがストーリーを持っています。

    また、カードの正しい向き(正位置)と逆さの向き(逆位置)のどちらで出るかによっても意味が変わります。


    タロットによって非常に多くの種類の寓意画が存在しているので、はじめはカードを揃えたり、意味を調べたりするだけでも楽しいと思います。

    そして、そのうち自分でタロット占いをしてみるのも楽しそうですね。


    ぜひ、大アルカナの寓意画を調べてみるところから始めてみて下さい。

    このページの先頭へ