都心部と地方ではどのくらい給与に差がでるの?

看護師給与は地域によって違うの?

看護師さんの収入は地域によって違います。もちろん医療機関、勤務先によっても違います。看護師日勤常勤か夜勤ありかでも違ってきます。そのため、看護師さんが転職を検討される場合は、その辺をきちんと把握し「どこで看護師という資格を活かす?」かをきちんと検討しなくてはいけません。

看護師さんの地域別給与を比較する場合、首都圏等の都心部と地方を比べると残念ながら地方の看護師給与は低いと考えて間違えありません。例えば首都圏の公立病院の看護師は月収およそ38万円に対し、地方の医療機関で働く看護師はいくら残業しても看護職を賢明にこなしても、その労力に伴う月収は多くて30万円というのが、ほとんどですし、場合によってはそれ以下の場合もあるので、地域による看護師給与の違いは相当なものです。

しかしながら患者数というのはどの医療機関も略一緒で、労力もほとんど一緒ですから、地域によって看護師さんの収入だけは違うものの看護師さんの労力は同じ。こうした事も多いからこそ、違う医療機関、高収入の医療機関へ行きたいと転職を考える看護師さんも少なくありません。

ですが、よく考えてみると首都圏と地方ではそもそも物価が違いますから、それに見合う報酬が得られているという事を考えると地方看護師があながち他地域の看護師よりも収入が低いという事もないのです。また、地方でも医療機関や勤務条件が異なればそれ相当の報酬を得られるケースもないわけではありませんから、地域による看護師給与の差は確かにありますが、地方が低く、首都圏が高いと言いきれない部分もあるわけです。

いずれにしても看護師の収入は働く場所によって違い、地域によっても違うのは明らかです。ただ、その実情をよく考えてみると地方は都心部よりも色々な面で住みやすい環境であるとも考えられるので、そうしたことを背景に地域によって給与差があると考えられます。

つまり総合的に看護師の収入を考えてみると確かに地域の差が収入の差で職場の違いが収入の差である看護師の収入ですが、地域による収入の差はそれイコール物価の違いと考えられるわけです。