看護師さんの給料が良い所ってどこ?

就業先別の看護師給与

看護師が転職する上で重視すべき点は、自分が転職する理由です。つまり、転職理由が収入であれば、転職する際に重視すべきが収入ですし、人間関係による転職であれば働きやすさを重視し転職先を選びます。

仮に看護師さんの転職理由が「収入が満足できない!」という理由なら、転職先を探す際には収入が重要となるため、各医療機関、就業場所による看護師給与はある程度認識すべきです。例えば、病院への転職を考える場合は、国立病院看護師の平均収入はベテランになると600万円前後になるケースが多いので、高収入が期待できる就業先と考えていいと思います。

もちろん、それに伴い看護職における労力もありますが、それに見合う収入が期待できる場として国立病院の場合は考えられます。また、クリニックなどは、勤務体系がしっかりとしておりますので、勤務体系が原因による転職の場合には最適な就業先と言えますが、収入の面を考えるとクリニック勤務の場合は年収がおおよそ400万円ほどなので、収入による不満を抱え高収入を期待する転職には適さないと考えます。

あと、開業医病院で働く場合は、収入相場があまり知られておらず、開業病院自体が大きな医療機関と違って面倒な計算を敬遠する傾向にあるため、わかりにくいというのが実情です。ただし、こうした医療施設で働く事は何せ個人での経営という事になるため休日等がしっかりとしているので、主婦看護師さんの場合は大きな医療機関で働くよりも都合よく働ける場所になると思います。

この他、看護師さんの活躍する場であり最近看護師さんによる転職者の多いデイサービスは、年収おおよそ300万円~350万円となり、月収はおおよそ20万円ほど。なので、普通に医療機関で働くよりももしかするとデイサービスでの勤務は最近の看護師転職で希望する方が多いものの収入はあまり高収入が期待できないと認識しておくべきかもしれません。

このように看護師さんの活躍する場によって収入やそこで必要となるスキルは異なってしまうので、転職を希望する場合は何を重視すべきかじっくりと検討しなくてはいけません。