様々な要望にも応えてくれる信頼の転職サイト

7対1看護の病院に転職したいなら

看護師にとって、自分が勤める病院がどんな待遇かはとても重要なことです。病院の体制が7対1かとか、勤務が2交代・3交代のどちらかなど、考慮すべき点はいくつかあります。数字だけ見ると、7対1病院は一人の看護師が受け持つ患者が少なくて済み、余裕があるように感じられます。

これまで10対1の病院で勤務していた人が、仕事がきついので 7対1の病院に転職したいと考えることも多いようです。 7対1看護はその名称から分かる通り、7人の入院患者に対して 常に1人以上の看護師を割り当てるという体制です。

10対1看護は単純に言えば1人の看護師が10人の入院患者を見る わけですから、看護師の負担は7対1の方が少なくなるわけです。 7対1の体制であれば、看護師の負担は少なくなって働きやすくなる というイメージがあるようですが、実際にはそう簡単ではありません。

どの病院でも看護師不足の中、十分でない人数でなんとかやりくり しているというのが現状です。 また病院も経営面を考えなければなりませんから、看護師を 増やせるだけ増やすというわけにはいかない事情もあります。

ですから、7対1の看護体制をとっていると言っても、実際には その体制を維持するには人数がギリギリのところで、仕事は 忙しいし休みも取りづらいという病院もあるようです。

たしかに7対1看護の体制をとれる病院は、そうでない所と比べて 経営面では恵まれている部分もあるようです。 だからといって、看護師の労働環境が素晴らしいものだとは 限らないので、就職や転職の際には注意が必要です。

7対1看護の病院に絞って就職・転職活動をしたいなら、看護師専門の 求人サイトを利用するのがおすすめです。 看護師の求人情報を効率よく探すことができますし、希望条件に 合うところを抽出して検索することもできます。

コンサルタントが相談に乗ってくれるサイトであれば、7対1看護で 労働環境の良い職場についてアドバイスしてもらえるでしょう。